症状別 坐骨神経痛

坐骨神経痛治療

坐骨神経痛とは、人体のなかでもっとも太く長い末梢神経で、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。
この坐骨神経、太さは鉛筆ほどあり、下半身の中枢を担っている神経と言えます。
多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが現れるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。


坐骨神経痛とそれに伴う主な症状

• 腰の痛み、お尻の痛み
• お尻、太もも裏、足へかけての痛み、しびれ
• 体を動かすと痛みやしびれが悪化する(問題のある部位の状態により、前にかがめない、後ろへ体を反らすことが出来ないなど)
• 痛みのため歩行が困難になる
• 足に力が入らなくなる
• 下半身の筋肉の太さに左右差が出てくる
• 座っていられなくなる
• 足を触ると感覚が鈍くなっている

腰痛と坐骨神経痛の違い

坐骨神経痛と腰痛はどちらも病気の名前でなく症状の名前になります。

腰痛   ・・・・腰やおしり回りの痛みや重苦しさがある
坐骨神経痛・・おしりや下肢に痛みやしびれ、足のつっぱりを含む神経症状が現れる


坐骨神経痛は時に腰痛も同時に表れることがあるので区別がつきにくくなることもありますが、お尻や足の痺れなどの症状もあれば坐骨神経痛と考えてよいでしょう。

腰痛の特徴

腰痛は、長時間にわたり同じ体勢でいたりすると筋肉がこわばるなど緊張し、痛みとして感じます。
どんよりと重たい感覚やだるさが背中から腰にかけて全体的に広がる感じがし、腰の曲げ伸ばしがつらくなることがしばしばあります。
また腰に良くない姿勢で長時間いたり、腰に負担のかかる体勢が習慣化されてしまうことで、腰を支える筋力が落ち、腰回りの筋肉が常に緊張状態にあり筋肉疲労が腰痛を引き起こします。

坐骨神経痛の特徴

坐骨神経痛の特徴は、お尻のほっぺた部分である臀部からつま先までの痛みやしびれがあるという感覚であったり痛みが片方の足に偏っていたり、動くと痛い方だけが固まっていたりするような寝違えたときの感覚にも似たような痛みが感じられることがあります。
例えば、歩いていると腰が痛くて動けなくなり、安静にしていると痛みは治まるという症状が先に出ます。そのうち症状が進行して安静時にも痛みが出るようになり、寝ている時に足を伸ばすと痛みが増す、座っている方が痛い等の体勢によって症状が出るような状態になります。

坐骨神経痛の原因と予防

坐骨神経痛の原因は、腰痛からであったり、病気からであったり様々ですが、高齢の方の多くは腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)が原因で坐骨神経痛が現れます。腰部脊柱管狭窄とは、腰のあたりにある脊柱管(神経が通る背骨の隙間)が老化などによって狭くなり、神経が圧迫された状態のことを言います。

若い方の場合は、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアが原因となって引き起こされるケースが多いです。

坐骨神経痛を引き起こすことと生活習慣は深く関わっています。
ですので、生活習慣を見直すことは坐骨神経痛の改善と予防にも繋がるのです。


1.長時間の同じ姿勢は避ける。
2.背骨や腰の負担が減るよう姿勢を正す
3.適度な運動やストレッチをする
4.湯船にゆっくり浸かるなどして血液の循環を良くする
5.肥満にならないよう食べ過ぎ・飲み過ぎに注意する
6.腰に負担がかからないよう、少し硬めの寝具で睡眠をとる


「坐骨神経痛」は進行型の神経痛の症状です。
放置しておくと進行して次第に悪化していくので、なるべく早い対処が必要です。
「坐骨神経痛かも?」と思ったら当院までお気軽にお問合せください。

その他症状はこちら